中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

出題意図(サマリー)

2013年 白百合学園中学校【算数】

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

白百合学園中学校の数学科が求めているチカラとは?
1数のおもしろさに気づくチカラ
白百合学園中学校 先生

特殊算など丸覚えした公式をそのまま使うのではなく、その場で考えて解く力を試したいと思い、この問題を作りました。この問題を通して数のおもしろさが伝わればいいなと思います。

筆記試験後の面接で、算数に限らず印象に残った試験問題を聞いたところ、「ラクダの問題が『なるほど!』と思って印象に残っています」という受験生がいて、出した甲斐がありました。

2自分の考えを相手に伝えるチカラ

本校では考える力、書く力を重視しています。解答用紙に「計算・やり方を書きなさい。」と指示していますが、説明もきちんとできていました。

要点を押さえておりどのように考えて解いたのか、伝わる文章が書けていました。説明の間違いといえば「最小公倍数」と書くべきところを「最小公約数」と書いてしまったくらいで、解き方の方針は合っていました。「自分の考えを伝えよう」という意気込みが伝わってきました。

3あきらめないで最後までやり抜くチカラ

考えることが大事ですから、予想して当てはめて解いてもいい。考えた末に「数えた」「探した」ということですから、あきらめずに最後までやり抜いたことを評価しています。

本校は真面目にコツコツ取り組めるお子さんを歓迎します。例えば問題文が長くてもきちんと読める、記述問題で自分の考えを粘り強く伝えようとする、そうしたお子さんに入学していただきたいと思います。

PageTop

© NICHINOKEN